--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.09.04 (Sun)

ぼくのエリ 200歳の少女

予告編

http://www.youtube.com/watch?v=iifcR6wf0Z4


ぼくのエリ 200歳の少女

スウェーデンの映画。
少し前に王様のブランチでリリコさんが紹介していて観てみたいと思った。
(リリコさんはスウェーデンと日本人のハーフですよね)

ヴァンパイアものやホラー
・・血が沢山出たり残酷だったりな映画は実は苦手だけど
これは観て良かったと思う!

【More・・・】
スウェーデンの冬、夜空を雪が舞い降りてくる冒頭の場面
白く暗い世界がとても美しく描かれている。
主人公の12歳の少年オスカーがまた 金髪でき通るような肌の白さ。
エリは黒髪で目鼻立ちはくっきり。特にその目力が半端なく冷たくて美しい

その暗い冷たい美しい場面と恐ろしい場面の数々。
怖いけど目が引きつけられる。哀しくせつない。
エリの心の中はどんな気持ちなんだろう
ラストは 行く末に思いをはせ またもやせつない気持になった。


これのハリウッドリメイク版がこの夏公開されていた「モールス」。
まだ見てません。
DVD出たら見てみようと思っているけど

たぶん私はオリジナルの「ぼくのエリ ~」の方が
好きなんじゃないかと思う・・・なんとなくだけど


余談。

観たあとから数々のレビューをぐぐってみたら
新たにわかったことが・・・(゜゜;)

冒頭のエリのセリフ
「友達にはなれないよ」「だって(普通の)女の子じゃないもの」
の意味が!!!!!!

そうなんだ?
これレビュー見なかったらまったくわかんないじゃん


08:06  |  映画・ドラマ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nanamise7en.blog47.fc2.com/tb.php/1732-3ce8e6b4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。