2007.02.24 (Sat)

14話の追記です~

どうしても気になって仕方がなかった14話のあのシーン。
スニちゃんの気持ちがわかったHu君の、告白だったんだね..
ジュン君も聞いてしまった、Hu君とスニちゃんの会話は!?って。。。

20070223221531.jpg
出処:下の記事より
大変にさせたこともすまなくて,君の心分からなかったこともこめんね.
そして何も約束することができないこともこめんね.
ところが私は私が見られる所に常にお前がいたら良くて...


‘宮S’ セブン切々たる愛情故ワクチン...ファン喜色
[TVレポート 2007-02-23 15:14]



web拍手って何?
【More・・・】
あと一番下に、14話Vを貼っておきます~

20070223221859.jpg

‘宮S’ セブン切々たる愛情故ワクチン...ファン喜色
[TVレポート 2007-02-23 15:14]

“哀切な以後の愛情告白に息が止むと思った”(視聴者所感中)
[TVレポート] 22日 MBC スモックグック ‘宮S’では戍の(ホ異才)に向けた以後(セブン)の愛情告白が登場,
ドラマファンをむねがどきどきするようにした.

以後は黄苔制資質テスト二番目関門である武技対決の中で拳法対連を控えて,右側肩に深刻な負傷を負った.女皇火印(ミョング・セビン)とアレックス教授の密愛を盗撮(泥棒撮影)した追っかけマンを発見,
追い掛けた過程で経験するようになった良しからる事だった.

以後はこのような事実を知らせて試合を延期することもできる状況だったが,ものともせずに試合に臨んだ.
自分の身一つまともに処理することができなくて試合を延期するということは敗北を認めることとようだというパンダンエソだったこと.

結果は予想どおり李ジュンの勝.弓術,馬上環刀,拳法対連を最終評価した.
全体部門でも二競技を勝った李ジュンに勝利が帰った.
以後が三番目競技で無理して試合に臨んだことが決定的な敗北の丸な.傷心した以後のやや苦い表情が加わった.

以後は温陽仮宮を去る前,スンウィを尋ねた.
一日が経てばソウルに帰らなければならない状況でスンウィを一人で残しておいて行くことができないという判断が立ったこと.
しかしスンウィは “一緒にソウルに上がって数学院で夢をつかみなさい”と言う以後の説得を断った.
また “一生卵数もないだろう”は曖昧な言葉を付け加えて以後の好奇心を刺激した.

理解しにくいという表情で “なぜか納得するに値する理由を台で”と聞き返す以後.
ここにスンウィは “君の顔見るのがとても大変だ.
すべてがお前のためだ”と以後が好きさを自認めた.
この時,以後がスンウィに向けた自分の愛情を告白し始めた.

“大変にさせたこともすまなくて,君の心分からなかったこともこめんね.
そして何も約束することができないこともこめんね.
ところが私は私が見られる所に常にお前がいたら良くて”

一人だけの感情ではない以後やはり自分が好きだったという事実に驚いた戍の.
お互いに向けた愛を確認する二人の姿とこれを偶然に立ち聞きするようになった李ジュンのやや苦い表情が備えを成して切なさを催した.

放送直後,ドラマ掲示板は以後の愛情告白にファンの嬉しがった所感が零れ落ちた.
“以後の胸切々たる告白に胸震えた” “以後とスンウィの本格的な愛情モード稼動” “行き違った愛情関係の明暗に胸がつぶれた” など本格的なラブモードの登場に興奮を隠すことができないという反応を現わした.

一方この日放送ではスンウィが火印の追っかけマン事件を助けた球で遂行尚宮になって,数学院に入って行って以後に会う劇的な反電信が登場してもう一度ファンにときめくことを抱かれた.

(写真 = 放送場面) [キム・ジンも記者 / rainfilm@naver.com]
'ガイド & レビュー' 放送専門インターネットメディア 'TVレポート'


すぐに見れなくなる可能性もあります;
宮S 第14話
①(1/7)
②(2/7)
③(3/7)
④(4/7)
⑤(5/7)
⑥(6/7)
⑦(7/7)


テーマ : ★SE7EN★ - ジャンル : 音楽

00:50  |  宮S  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nanamise7en.blog47.fc2.com/tb.php/690-4da849bc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |