2007.07.19 (Thu)

Message from YG!! [2007.07.18] &LSJではスタッフメッセUP

YG ENTERTAINMENTより
messagefromyg
↑YGエンターテインメントジャパンにも翻訳が上がってましたので~^^そちらへ飛びます

夜通し(バムセドロ)のMVが公開~♪
YG TV(CH.707) ※GOM PLAYERのインストールが必要です

あのIVYちゃんと撮影しててお蔵入りになったあのMV~
曲はRemix ver.になってましたね。ロックなハードな感じがまた新鮮。
編集して手を加えたと書いてあったけど。
じゃ何でお蔵入りになってたのかなぁ

去年も,,IVYちゃんのあまりに完璧過ぎるセクエシィさに、私はヤキモチ焼いてたけど..いまでもだけど(^^;;
はい、、SE7ENカッコイイです!!
あとは、イソギンチャクさん,,ばかり見てました~わたし~~(爆)

Read more のずずーっと一番下に追記^^* バムセV & NACK AFTER5
http://www.nack5.co.jp/hithit.com/

そして、、、
LSJにもスタッフメッセ(by Kむさん)がUPされていまする~~~

こちらも更新。
更新!SE7EN MEDIA情報 [2007/07/18]


ラジオは聞けなかったぁTT 残業したらワサワサしてて忘れた~


web拍手って何?
【More・・・】


で、今日わかった...
こっくり = ぺこり。なのですね~~
ヤン社長は徹夜明けのため、いつも眠いのかと思ってた。
こっくり・・・(‐‐).。oO。 って。

一応貼りますよ~

Message from YG [2007.07.18]

こんにちは、ヤンヒョンソクです。ぺこり。

消息がとても遅くなりました。申し訳ございません。
申し上げることが沢山ある関係で長い前置きはなくYGの全体的な進行について、申し上げようかと思います。

SE7EN

当分の間、韓国活動が出来ない名残惜さの為か・・・
先日7月7日、日本・東京で行われたSE7ENのコンサート場を訪ねた私にSE7ENが
「2年前‘IVYが一緒に出演した「夜通し」のミュージックビデオをファン達に公開したらダメですか?」と尋ねたんです。

億台に近い製作費を出費したにも関わらず、それでも結果気に入らないというヤン社長の意地で静かにうずもれてしまった悲運のミュージックビデオ「夜通し」

チェ理事の願いもあるしソウルに帰って来てすぐケースの中にあった撮影テープを取り出して、何日の間、再編集作業とリミックス作業をしてみました。

たとえ、長い時間が経ってしまったことですが、撮影してくださった歌手IVYさんに再度感謝いたします。SE7ENの希望通り、ファンの皆さんに素敵なプレゼントになるといいと思います。

ここを押してください。
※GOM PLAYERのインストールが必要です


アメリカ進出状況

少し前、アメリカで4集アルバムを発表しビルボードチャート1位を獲得したラッパーFabolous

FabolousがSE7ENのアメリカのアルバムのラップに協力してくれたという知らせを少し前国内言論に知らせたが大部分の記事は「SE7ENはドラマの後、沢山成熟した」(エーンエーン)

とにかく。
今年末、アメリカで最初正規アルバムを発売する計画のSE7ENは現在、Rich Harrisonが作った2曲と新しいプロデューサーチームが作った4曲まで合わせ計6曲録音作業を終わらせた状態です。

新しいプロデューサーチームはBlack Eyed Peasとそのチームの女性メンバーFergieのソロアルバム作業に参加したNoise Tripとしてまだ新人プロデューサーチームですが、SE7ENのアメリカ進出の総指揮者Mark Shimmelの推薦で秀でた可能性を備えているチームのようです。

Rich Harrisonのトレンドがヒップホップの基盤を置き、Noise Tripが作ったトレンドはメロディに重点を置くミディアムテンポのR&Bの曲としてSE7ENのアメリカデビュータイトル曲としても遜色がないくらいSE7ENにあまりにも良く合う曲が出来たからです。

UsherとTLC、Toni Braxtonの製作者だったMark Shimmel、そしてBeyonceのCrazy in loveの作曲家Rich Harrisonと少し前、ビルボード1位を獲得したラッパーFabolousの参加など・・・SE7ENのアメリカのアルバム作業は非常に順調に進行しているんですよ・・・

そのうちもっと驚くお知らせを伝えることが出来るようです。。。

私が20代前半から今まで、非常に好きであった大物プロデューサーの一人と最近アメリカで最高だと言える若いプロデューサーの一人がSE7ENの新しいプロデューサーに確定したという知らせを少しアメリカ側から伝え聞きました。

私はやはり簡単に信じられないことなんです・・・

それもそうだし、アメリカの有名な歌手達はもちろんその人にプロデュースを受けるということは非常に大変なことだけではなく、プロデューサー中心として変動しているアメリカ音楽市場でSE7ENに参加することは相当歌手にも、少なくない関心を呼ぶことが出来ることだからです。

これ以上ない嬉しい知らせですが、アメリカ側の要請として今は彼らの本名を明らかに出来ない点申し訳なく思っています。近いうちにお伝えできることでしょう。

SE7ENは7月末まで日本でプロモーションを進行した後8月初めにアメリカへ再度入り、新しいプロデューサー達と録音作業に入る予定なんです。。。たぶん今年中に入国するのは難しいでしょう。。。


BIGBANG

先週末、チャンウォンコンサートを無事に終えたBIG BANG .

昨年末単独コンサートから地方5都市ツアーまですべての公演を盛況に終えているんです。

最初は無理な公演企画ではないかと周囲から沢山心配をされたのですが、
最近私がBIG BANGのおかげで会社で大きな声を叫んでいるんです。

それはそうと、BIG BANGの新しいアルバムの知らせをとても長い間お伝えできなかったでしょう・・・

ついに来たる8月中旬BIG BANGの新しいアルバムを発表する計画です。

日本では1,2曲が掲載されたアルバムをシングルと言い、正規アルバムを半分にした程度が掲載されたアルバムをミニアルバムというのですが、全6トラックが掲載された今回のBIG BANGのアルバムもやはりミニアルバムと呼ぶことがもっと合った表現のようです。

今回のミニアルバムのタイトル曲はG-Dragonが作詞・作曲した「嘘」という曲で、早いリズムと重たいベース音が良く混合されたハウス風の曲なんですが、熟練しているピアノサンプリングと悲しい歌詞が良く混合され興がわきながらも悲しい感じを与えてくれる新しい感じの曲です。
観客達と一緒に呼吸することが良い曲・・

本当は1TYMのデニーが作った「Always」という曲とperryとYong kam han hyong jaeが共同で作った曲がタイトル曲として競合し、アルバム作業の最後の段階に完成したG-Dragonのソロ曲を聴いた瞬間、「この曲がタイトル曲だ!」という思いが一度に来たのです。

ですからG-Dragonの曲をBIG BANGのタイトル曲として突然方向転換したのでした。

一生懸命準備したソロ曲なので少し申し訳ないという気持ちがし、私がG-Dragonに一言・・・
お前、もしかしてニンテンドーDSあるか??

とにかくG-Dragonはタイトル曲の作詞・作曲だけでなく、今回のアルバムでほとんどすべての作詞を担当したんです。確実に才能がある野郎のようです。

昨年の場合、G-Dragonとテヤンのソロ曲のミュージックビデオだけ撮ったために、この間残りのメンバーに私が少し申し訳なかったです。。。これから残りのメンバー達のミュージックビデオを順序通り進行してみようかと思います。

今回のアルバムはTOPのソロ曲が掲載予定です。

TOPのミュージックビデオは少し前、剃髪シーンを決行し出演したRed-RocのHelloのミュージックビデオの後続編として撮ってみたらどうだろうかという考えを持っています。

ドラマ「アイアムサム」出演とRes-Rocミュージックビデオ放映、そして本人のソロ曲のミュージックビデオまで少しの間TOPの露出が相当沢山になるようですね。

昨年の場合、一ヶ月に一つずつシングルアルバムを発表したので、一曲で長い活動をすることが出来なかったです。今回のアルバムはもう少し長く活動を期待しています。

ですから、現在テヤンのソロアルバムを活発に録音中にあるのですが、まだ発表時期を予定することが出来ません。

BIG BANGは今週末「Always」という曲のミュージックビデオ撮影でハワイへ行きます。(Stony Skunkと一緒に)タイトル曲「嘘」のミュージックビデオは戻って来てからソウルで撮影する計画ですよ。BIG BANGのアルバムの消息は次回少し細かくお伝えしましょう。


Red-Roc

ヒップホップのようでしたが、「Hello」のジャンルはレゲエでもあり、ラップでもあるような歌ですね。

アンダー生活10年、7月14日本人の初シングルアルバムを発表するRed-rocはイ・ハヌルが導くBuda Sound所属の一員です。

ある日、ハヌルが尋ねてきて、Red-Rocのアルバムを助けてと言ったんです。おそらくBuda Sound所属の歌手達が同時にアルバムを発表するにで、いろいろ携え、負担になっていたのではと見えます。

Red-Rocはずっと前にフィソンの沢山の放送活動を主に条件もなく助けてくれた友達の上、少し前Masta Wuの活動の時も常に一緒にしてくれた友達だから、私もいつか助けをしなければならないという思いをしていたのです。

幸いにもハヌルが伝えてくれたRed-Rocの音楽を聴いて、とてもいいという考えになりました。

ハヌルに尋ねてみてRed-RocがBuda Soundで4年間いたそうなんですよ。(45RPMの悪夢が)その場所で私がハヌルに4週間内にアルバムが出るようにしてみるよと約束をしました。もちろんそれより時間が少しかかりはしましたが・・・

始めはRed-Rocのアルバム作業とミュージックビデオの進行経費だけ私が引き受けて広報はYGより有能なマネージメント社を紹介しようとしたのですが。

最悪な不況を受けている今の国内アルバム視聴ではヒップホップ歌手を広報してくれる人がそう沢山おらず、アルバム作業を一緒にしてみてRed-Rocと少し親しくなり、ただ私がしようという状況に至ったのです。厳格に申し上げるのなら、Red-Rocはプダサウンド所属でありYGは補助的役割程度ということ。

Red-Rocが音楽をうまいことと同じ程度に最善を尽くし助ける考えです。



舞歌堂

YG唯一の混成グループ舞歌堂が今週末から「オエオ」という新曲で放送活動を始めます。(MBCショー音楽中心)アルバム発表はせずにオンラインでデジタルシングルとして発表する予定です。消息を知らせることなく突然発表することになりました。

ちょうど舞歌堂のタイトル曲「オエオ」が夏を避けることが出来ないような曲だからです。

舞歌堂のタイトル曲「オエオ」を作ることになったきっかけが少し面白いんですよ。

BIG BANGの仁川コンサートの時、BIG BANGがDJ DOCのRun to youを歌う姿を見て、YGも舞台の上であんなような歌が必要だと考えました。

だから、翌日Run to youを作った当時、一緒に作業をしたBuda Sound出身の45RPMとRed-Rocそして、YGアンダーグラウンド所属Stony Skunk、BIG BANGを呼んでおき、「俺達もDJ DOCのような全国民が好きになる大衆的な曲を一度作ってみよう」といいました。

彼らはみな、新しいアルバムを発表する直前だったので、すべてが気を失っているような状態だったんですよ。しかし私の言葉をただ聴かずに飛ばすことが出来なかったのか、次の日から他のスタジオに集まりこの曲を作り始めたんです。

人員危機が多く、はじめは簡単に作れると思ったのですが、そうではなかったみたいですね。

すべて完成した時までだいたい2週間かかったようです。良く作ることが出来ず悩んでいた彼らが最後の日に酒を飲み、自分達だけで遊びながら完成したそうです。(みなさん、BIG BANGは絶対飲んでないそうですよ)

ところが完成した曲を聴いてみたら、むしろ舞歌堂にもっと良く合うのではという考えがしました。G-Dragonのソロ曲がBIG BANGのタイトル曲に突然方向転換したように「オエオ」はやはり予想が出来ない舞歌堂の曲になりました。以前にもJINUSEANの曲をSE7ENが歌い、「열정(熱情)」という曲が出たことのように。

G-Dragonがこの曲に作詞をして印象があまりよくない兄さん達の中でこのこの間苦労も多かっただろうに、結局ソロ曲に続いて「オエオ」まで引き渡したと言っていました。

昨日、舞歌堂のミュージックビデオ撮影をしたのですがミュージックビデオと音楽すべてが今週金曜に公開する予定です。

以前、JINUSEANと1TYMのデビュー初期だけですが私が直接関与して振り付けも作ってあげたのですが、今はとても忙しくなり体も言うことを聞かなくなる間、所属歌手達の振り付けは諦めて来たんですけど。しかしまだ頭と心だけは10代~
LEXYの「空の向こうへ」と舞歌堂の今回の曲の振り付けのポイントは私が作ったという・・・(恥ずかしいけれど、恩着せがましく振舞う)

とにかう蒸し暑い今年の夏・・・舞歌堂音楽が沢山の人たちの目と耳、そして心まで涼しくさせることが出来たらいいという願いを伝え今日はここら辺でお暇しようと思います。

秋に発表するGUMMYのアルバムの消息とアルバム作業がすべて終わり、45RPM, Stony Skunk、そしてYGの長兄JINUSEANと4人の奇童1TYM、ジウンの2集の計画、しっかりと息を潜めているYGの新人達の消息など持って、そのうち急いでやってきます。(今回は本当。。)

行きます。みなさん体に気をつけて、ぺこり。

2007.07.18

YG ヤン・ヒョンソク



追記^^

バムセドロ Remix


NACK AFTER5






テーマ : ★SE7EN★ - ジャンル : 音楽

00:01  |  SE7EN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nanamise7en.blog47.fc2.com/tb.php/900-c75c8d7a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |